海外へ目を向ける

高層ビル

神奈川のいいところは、西側と東側でまったく異なる特徴を持っている点です。東側は、関東平野で1年中温暖な気候です。
市の中心部は、多くのオフィスビルやショッピングセンターでにぎわっています。それゆえ、情報や流行の発信源という存在です。
一方、西側は箱根の山々が連なっています。その地域は、観光スポットとして有名です。
時期になると、多数の観光客でにぎわいます。梅雨はあじさい見物、夏は避暑、秋は紅葉が見ごろです。
そして、冬は温泉が楽しめます。そのため、子供から高齢者まで幅広い年齢層に人気があります。
東京からも近いので、気軽に行ける観光スポットという位置づけになっています。また、そばがおいしい地域でもあります。

神奈川は、日本における一大都市です。面積は広くありませんが、都心に近くて交通アクセスが良くて暮らしやすい地域です。
そのため、県内の人口は増加の一途をたどっています。人工の増加にともなって、宅地開発も盛んに行われています。
しかし、神奈川は歴史のある地域です。名所旧跡や貴重な建物もたくさんあります。
よって、県政を挙げて、これらの保護に取り組んでいます。具体的には、建物の修繕や景観の保護などの対策です。
また、自然保護にも積極的です。山や緑地が失われないように、宅地開発や都市開発の際には市町村から入念な調査が入ります。
必要な場合には、市や県で買い取ります。そして、住民にとって憩いの場となるようにして提供しています。