環境と家

都会に憧れる

神奈川県の地域的な特徴としては、非常に都市化・工業化が進んでいるということが挙げられます。
東京都に隣接していわゆる首都圏の一角をなし、都道府県別の人口ランキングでも東京都に次いで第2位となっています。
この傾向が特に著しいのが県東部の横浜市や川崎市です。
いずれも大規模な商業エリアやビジネスエリアを有するとともに、臨海部には工場地帯が広がっています。
また、県央部の厚木市や相模原市、綾瀬市などにも工業団地が多数所在し、製造業や機械工業などが盛んです。
しかしその一方で、神奈川県は豊かな自然に恵まれた地域でもあります。
海と山の双方に代表的な観光スポットを持ち、四季折々の景観や美食を楽しむことができます。

神奈川の海を堪能できるスポットとして代表的なところといえば、湘南です。
湘南地方は県南部の相模湾に面した地域一帯で、鎌倉市・藤沢市・茅ケ崎市・平塚市などがこれに属しています。
古くから風光明媚な地として知られていましたが、特に明治以降は西欧から伝えられた習俗である海水浴に適した場所として開発が進みました。
現在もマリンスポーツを楽しむ人や海の幸を求める人で1年を通じて賑わいを見せています。
一方、山岳地帯として知られているのが、県の北西部に広がる丹沢地方です。
1,000~1,600メートル級の山々が連なる周辺一帯には、ニホンカモシカやツキノワグマなどの稀少動物も生息しており、地域の大部分が国定公園に指定されています。